7月は、地元で祇園祭りが毎年行われます。

お祭りは、日本全国どこでも大きなのぼり旗が立っている光景をよく見かけますが、私の地元の祇園祭りでも大きなりっぱなのぼり旗が立っています。

お祭りが行われるお知らせの意味があるでしょうし、のぼりを見ると、今年もまた祇園祭りの時期がやってきたと心が踊ります。

祇園祭りの雰囲気が伝わってきますね。

祇園祭りそのものののぼり旗もそうですが、祇園祭りが行われる近くの神社にも白いのぼり旗が立って、祇園祭りの後押しをしてくれています。

神社参拝をする機会はあまりありませんが、祇園祭りには毎年必ず行くので、この神社にも1年に1度だけは参拝しています。

神社ののぼり旗は真っ白なので、天気がいい時に参拝すると青空に真っ白なのぼり旗がとても爽やかなんですよ。

いい時に参拝できて良かったなぁ、何かいいことありそう、なんて思ってしまいます。